Zガンダム クワトロ セリフ

02.09.2021
358

機動戦士Zガンダム 第1話 「黒いガンダム」 全セリフ 愛するべきもの、すべてを. 密会を重ねていくうちに親密になっていく二人。   カミーユに自分の名前の由来を話し、過去の記憶を取り戻す為に戦っていることを匂わせる。   敵味方同士の恋愛ってなわりかし王道パターンではあるが、同時に成就することがないのもまたお約束。   当然この二人もその例に漏れることなく、悲惨極まる道を辿っていくことになる。       「昔の記憶も取り戻せないというのに、今の記憶があったって何になる!」 (フォウ) 「みんな、燃えてしまえ…!」. の開発は本当だったんだな」 アポリー「大尉と接触してくれ」 ロベルト「よし」.

ここのところハマ-ン様に踊らされまくって、内面グツグツきてるアズナブル君。   この後、公演のベンチに1人佇んで両肩をワナワナゆわせるという負け犬プレイを思う存分お楽しむことに。   更にはあろうことか元祖自閉症キャラのカミーユにまで同情されるという醜態まで晒す羽目に。正直オワター   それにしてもミネバ様、可愛いなあー    <次回予告>    ザビ家再興を目指すハマーンは、エゥーゴと手を結びながらも、ジャミトフと会った。   それが出来るのも、ハマーンには、決定的な武器があったからだ。   その作戦の中、カミーユはサラ・ザビアロフと出会った。   次回、機動戦士Zガンダム「ゼダンの門」。君は、刻の涙を見る…! 第44話:ゼダンの門 #ゼダンの門、旧ア・バオア・クーを舞台にしての前哨戦。  今のところ、ティターンズとの関係をこじれるだけこじれさせ、  それにエウーゴをも巻きこんだハマーン様の一人勝ち状態。 「ハマーン・カーンか…」 (ジャミトフ) 「はい、破廉恥このうえない女です」 (ジェリド)   ティターンズの邪魔をしておきながら、のうのうと会談を申し込んできたハマーンの行動を見て。   それにしても「破廉恥」て、ものすごい寸評だ。 「貴男達、大人の詭弁は聞き飽きました」 (カツ)   どっちつかずなコウモリ・スタンスを取り続けるハマーン様に怒りのおさまらないカツ。   これが若さってことなのよね。 「利用されているだけだと、何故わからない!」 (カミーユ) 「他人の貴男に分かることではないわ!」 (サラ)   ここで新型MS登場、ポリノーク・サマーン。   スラスター出力に百式ばりのスペックを誇り、近接戦闘に力を発揮する機体でありながら、   まるでカミーユの相手にならないのは、サラの未樹さゆえか。    「できない…出撃できない…」 (カツ) 「ジオンの為なんかに出撃できない!」.

歴戦の戦士シャア程の男を心胆寒からしめるシロッコのプレッシャー。   当然搭乗している機体も並ではないと思っていたら、ものの見事に変型し、エマを死ぬ程仰天させる。   そいやガンダム史における変型ブームの走りって、このメッサーラとギャプランが最初だったような… ボニクラ 静岡 「明らかに違う…あれはアムロでもない、違うタイプだ!」 (クワトロ) 「あのプレッシャー…なんだ?」 (シロッコ)   互いに持てる重圧を感知し相手の技量を推し量ろうとする両者。   英雄は英雄を知る、というヤツか。 「地球の引力の井戸に引き込まれるのは御免だ。後は後続に任せる」 (シロッコ)   MS搭乗時のノーマルスーツ着用ナシという、かつてのシャアのような矜持と大胆さを持ちつつ、   状況が不利になったと見るやすかさず退却もできる、憎々しいまでの判断力と冷静さを合わせ持つ   このシロッコという男を、ガンダム史はもっと評価すべき。   「百貫デブなMSに搭乗した挙句、コクピットごと体をブチ抜かれちゃった人」という世間一般の   評価はあまりにも可哀想。 「今度こそ!今度こそ!」 (ジェリド)   そのシロッコと比べると、こっちは相変わらずどうしようもない。 あかがみんクラフト イラスト 壁紙 「大気圏突入の際の危険な状態は同時にチャンスでもある」 と言い切れる勇猛果敢な根性は買うけど、   それ一年戦争の時にシャアが試して、もろにやらかしちゃってますから。残念! 「ありがとうございます…地球に降りられましたのに…」 (エマ) 「なんだと…!あとでブリッジに上がってこい、修正してやる!」 ラファンドール国物語 wiki   地球引力圏ギリギリまで高度を下げるという危険を侵してまでエマを回収したのに、   不遜な口を叩かれて憤怒するブライト。   前話までショボーンってしょげてたのに、アーガマ艦長になった途端に元気を取り戻して   修正の素振りをブンブン反復するその立ち直りの早さが大好き。    「バリュートなしで、そんなに持つのか?」 (カミーユ) 「ウェーブライダーにバリュートじゃ、こっちの方が不利だからな!」 (カクリコン) 「無茶な!」.

本人曰く「歴史の立会人」ことシロッコが、遂にそのエゴを全開にしてカミーユと向き   あいはじめる。小説版においてはシロッコの中に父親を見い出すカミーユだが、ここでの   シロッコは「単なる覗き見野郎」の範疇を出ていない。    「許せない…俺の命に変えても…体に変えても…こいつだけはー!」 (カミーユ) 「こいつ…………なんだ?」 (シロッコ).

アポリー「セット。さて、ニューガンダムとやらは。ん?ガンダムか?」 ロベルト「見つかったのか!? 」 アポリー「飛行訓練中らしいニューガンダムをキャッチした」 ロベルト「Mk-? 宇宙空間を静かに漂うMK2の残骸を見て。   このZという作品のラストを締めるに相応しい、哀愁漂うセリフだと思う。   ラストのラストに出てくる百式は、結果として逆シャアへの布石となった。. スーパーサイヤ人化のみならず、クリリンのことかーモードまで発動。   バイオセンサーを全開にさせて、ハンブラビの攻撃を全て跳ね返すカミーユのZ。   その後、唐突に狂犬のごとく ウウウウウウウ と唸り出したかと思ったら、   いきなりビームサーベルから波動拳を放ってヤザンのハンブラビを真ッ二つに。   むしろここまで傍若無人な攻撃されといて、ちゃっかり生き残ってるヤザンを誉めるべきだろう。    <次回予告>    生き残った者達が行くところはどこだ。   その予測も立たないままに、人は、人の生き血を吸う。   シロッコのせせら笑いは、最後のあがきとは思えなかった。   ゼータが呼ぶ最後の力、呼び起こすのは誰だ。   次回、機動戦士Zガンダム「宇宙を駆ける」。君は、刻の涙を見る…! 第50話:宇宙を駆ける #大団円では決してないけれども、ファーストに勝るとも劣らぬ感銘を与えてくれる名ラスト。 「カミーユ… 静かね…」 (エマ) 「喋ったら、疲れますよ。落ち着いたらアーガマに戻ります。しばらく辛抱してください」 (カミーユ) 「…もう、いいのよ、カミーユ」.

常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ! 」.

…  .          ……… …………. … ….    …          ….               MK2   …   小瀧 高校 … …       zガンダム クワトロ セリフ.

Zガンダム 名言 クワトロ

こちらはその余裕のなさっぷりをこれ以上ないというくらい露呈しまくった挙句、   遂には逆ギした相手に「男じゃない」と面罵までされてしまうカツ。こりゃモテんわー       「よせえええええええーーーーー!」 (アポリー)   アポリー、ジェリドのバイアランからファを守って死す。   ブライトを始めとするクソ真面目キャラが多いZにあって、そのおちゃらけセンスは貴重であった。    断末魔は「だあああああああああ!」、合掌…       「貴様!貴様!貴様ァー!」 (カミーユ) 「これが戦争だろうが!」 (ジェリド)   ライラ、カクリコン、マウアーと、大事な人を目の前でカミーユにブチ殺されてきた   ジェリドならではの重みあるセリフ。 「私… 女って、ああなんじゃないかと思ったりするんです…」 (ファ)   レコアを撃てなかったことを振り返り、その理由を考えるファ。   女がみんなレコアさんみたく直感のみで行動してたら、たぶん今頃人類は滅んでるよ。    <次回予告>    最後の会談が、シロッコとハマーン、シャアの間にもたれた。   カミーユは、カツの突出する動きを制止するため、グワダンに向かった。   その結果、カツは、サラの死を目撃する。   次回、機動戦士Zガンダム「シロッコ立つ」。君は、刻の涙を見る…! 第46話:シロッコ立つ #シロッコ、ハマーン、ジャミトフの三者会談実現。  そして、ますます混沌としていく戦況。 #今日の初登場。  遂に出た、ジ・オ!  右にレコアのパラスアテネ、左にサラのポリノークを従えて飛ぶその様は、まさに圧巻。 牛筋ハンター 「ゼダンの門が落ちたとき、お前の姿を見なかったな」 (ジャミトフ) 「心苦しく思っております。ジュピトリスが好きに動いてくれませんでした」 (シロッコ)   このいけしゃあしゃあっぷりがシロッコ最大の魅力。 「地球の連邦軍も、そろそろティターンズと手を切りたがっているという話ではないか」 (ハマーン) 「冗談ではない。状況はそう簡単に変わるものではない」 (ジャミトフ) 「まあ、それはどうでもいい。私は宇宙の力を手にした。.

地球連邦政府と戦うというのは卑怯だから) 一緒には行動できないと言うのか」 (ハヤト)   おっとこちらも久々登場、ハヤト・コバヤシ。顔も合わせず去ってしまったカイからの手紙を受け取って。   かつてアムロの後塵を拝しヘタれて泣いた末フラウに慰められて更に泣くという、   究極のキング・オブ・ザ・ヘタレっぷりをあますことなく見せつけたホワイトベースのゴミも   随分と男らしくなっちゃってまあ。やっぱ女(フラウ)は男を変えるものなのかね。    「39分後にシャトル発射だ、できるな?」 (カラバ兵士) そうろう 候 (管制官通信兵) 「MS用のシャトルも同時に出す。できるな?」 (クワトロ) 「どこのバカだ、2台同時発射は無理だ!」.

戦闘を恐がって壁にぺっとし貼りつくアムロ。「あれがニュータイプと言われた人なの?」   いいや、ただのゴミ、もしくは単なる絞りカス。   が、ここではアムロのヘナっぷりを嘲るより、その内面に気づいてあげられるベルの細やかさ   を評価してあげたい。    <次回予告>    アウドムラは、ヒッコリーと接触をするために、西海岸に滞空する。   ベルトーチカは、何としてもシャアとカミーユを宇宙に帰すのだと、アムロに決断を迫る。   アムロはリック・ディアスを駆って、アッシマーと対決したが…   次回、機動戦士Zガンダム「白い闇を抜けて」。君は、刻の涙を見る…! 第16話:白い闇を抜けて #アムロ復活。ブランのアッシマーを文字通り 見事きって落とす。 「僕を軽蔑しているんだろ?」 (アムロ) 「私はそれほど鈍くはないわ。アムロ・レイの7年間は眠りの時間だったのよ。.

だから貴男のこと、全部好きになれないの! 」. 相変わらず上から見た物言いで、俺流ゴーマニズム宣言をぶちあげるシロッコ。   でもさ、「事態が見えてきた」って、「後は簡単だ」って、まさかカミーユが発狂して   スーパーサイヤ人化しているとは夢にも思っていまい。    「エマ中尉、中尉!」 (カミーユ) 「カミーユ?」 (エマ) 「中尉、貴女?」. だが、困ったものだな。お前はものの頼み方を知らないようだ」 (ハマーン)   ここぞとばかりにシャアをイビる、小悪魔ハマーン様。   シャアに一礼させたあとのツンとすました御満悦顔が、なにげに可愛いっスね。    「これでいいなら、安いものさ」 (シャア)   こちらは屈辱アズナブル君。少しは大人になったものと見える。   だけどその目は全然笑っていなかったり。 「Zガンダム、カミーユ、いきます!」 ルサ 小説 キス   そいやシリーズ度恒例のこれを、まだ名セリフとして挙げてなかったね。    「ザビ家再興の日も近い。それがともに良き日であることを祈ってほしい」 (ミネバ) 「はい」 (シャア) 「ミネバ様、これでエウーゴはアクシズのものでございます。.

暗殺教室 メグ   …                 . 2… … … MPMk-? ………          …  zガンダム クワトロ セリフ            …                          . Mk.

機動戦士Zガンダム [ゼータ]の名言

が落ちたんだとさ!」 連邦兵「3号機か2号機かわかってんのか!?」 ヒルダ・ビダン「カミーユ?カミーユは?あっ、カミーユ!お待ち、カミーユ!カミーユ!」 MP「ジェリド中尉だとよ。無茶をし過ぎだよ」 ヒルダ「カミーユ!」 ジェリド「こりゃぁ、始末書じゃあ済まんかな…」 連邦警備兵「本部ビル裏で事故が起こったらしいんです」 連邦兵「ん?」 連邦警備兵「なんだ!?」 連邦警備兵「ま、待て!」 カミーユ「オレが逃げ切れるまで、そこに座っていてくれよ」 カミーユ「う!」 カミーユ「こんなことしちゃって、オレ、どうするんだ…」 クワトロ「うむ、アーガマに動いてもらうか」 アポリー「はい」 クワトロ「ほう…」 次回予告 カミーユ・ビダンは黒いガンダムに乗った。 それがグリーン・オアシスからの別れの歌だ。 それを追う、もう一機のガンダムmk-II。 ガンダム同士の戦う異常な光景は、新しい時代の幕開けか? 次回、機動戦士Zガンダム、旅立ち。 君は刻の涙をみる…. 嬉しいのかよ、満足なのかよ…!誰が…誰が喜ぶんだよォ!うわああああああああ!」 (カミーユ)   今度はコクピット内で頭を抱えはじめるカミーユ。   みんな、お前が殺しといて「こんな死にかた…嬉しいのかよ」って、 嬉しいわけないだろ 。    「ん…! …不愉快だな、この感覚は」 (シロッコ) 「は?」 (レコア) 「生の感情を丸出しで戦うなど、これでは人に品性を求めるなど、絶望的だ。.

で、完全にアッチの世界へと旅立ってしまったカミーユ。   そのあまりの気狂いっぷりを見て、楳図かずおが書くマンガの登場キャラばりにガクブルするファ。    「彗星は、もっとォ、 バアッ! …」 の部分のテンションの高さが、レクターにお脳を食われて   単なるロボトミー君と化しちゃった哀れな男の物言いにクリソツで、激オモろい。       「そう…お前もアーガマに帰りたいのね?」 (ファ). 本人曰く「歴史の立会人」ことシロッコが、遂にそのエゴを全開にしてカミーユと向き   あいはじめる。小説版においてはシロッコの中に父親を見い出すカミーユだが、ここでの   シロッコは「単なる覗き見野郎」の範疇を出ていない。    「許せない…俺の命に変えても…体に変えても…こいつだけはー!」 (カミーユ) 「こいつ…………なんだ?」 (シロッコ).

…. ………          …                …                          . Mk.

カミーユ・ビダンはZガンダムの主人公

アポリー「セット。さて、ニューガンダムとやらは。ん?ガンダムか?」 ロベルト「見つかったのか!? 」 アポリー「飛行訓練中らしいニューガンダムをキャッチした」 悪魔タイプ 覚醒無効 で、結局のところ虎の子シャトル操縦は、昔取った杵柄でアポリーがやることに。   電源入れても付かない計器をドンって叩いてあきれたように一言。   緊迫した状況の中でのひょうきんな物言いがいいッス。. しかし私は、ジャミトフ閣下に忠誠を誓っている。この自分の血でな」 (シロッコ)   (と言いつつ、よどみない動作で銃を取り出しハマーンに向けるシロッコ) 「このグワダンで、私を殺したらどうなるか、分かっているだろう?」.

が落ちたんだとさ!」 連邦兵「3号機か2号機かわかってんのか!?」 ヒルダ・ビダン「カミーユ?カミーユは?あっ、カミーユ!お待ち、カミーユ!カミーユ!」 ねえ笑ってくれよ ヒルダ「カミーユ!」. 人質は使い様がある、だから助ける。それだけだ!」 (クワトロ)   ジャブローを無人にしてエウーゴの強襲隊もろとも爆破しようという戦略を捕虜から聞き、   怒り心頭に達するクワトロ。命乞いする連邦士官に八つ当たる。 「定員の3倍は乗れる!」 (ジェリド)   ジャブロー脱出用のガルダに群がる連邦兵士を見て一言。乗れるわきゃねーだろ。   赤ザクじゃあるまいし、何でも3倍ってつければいいってもんじゃない。 「これからは自分の力で生き延びろ!運がよければ死ぬことはない!」 (ジェリド)   そう言って面倒みてきた負傷兵達をあっさり打ち捨てるジェリド。   「力のないものは、死あるのみ!力のないものは…!」とブツブツ呟きながら   ガルダに乗ろうと周囲の兵を押し退けるも横からいきなりガツンとくらう、どこまでもツイてないやつだ。   そこへ運良くマウアーさんが。くそ、女運だけはいい奴だ。    「ハヤト・コバヤシ… カイ・シデンと… ほう」 (クワトロ)   カラバの案内人からハヤトとカイの名前を聞き、感慨深げに頷くクワトロ。   前作の主要キャラが登場しはじめたこの辺りから物語はグッと面白くなる。 <次回予告>    旧式のシャトルであっても、パイロットだけは宇宙に帰さなければならない。   しかし謎のモビルアーマーの攻撃を阻止するために、ロベルトは死んだ。   アムロの元に逃れたフラウ・ボウ親子の行く末もまた… 鬼も十八、番茶も出花 第13話:シャトル発進 #アムロとフラウの再会、シャア殴られて泣く、ロベルト散る、  など、見どころを挙げれば枚挙に暇がないほど名場面満載の回。    「六か月って、まだ大事にしなくちゃいけないんだろ?」 (アムロ) 「もう安定期よ、なんにも知らないんだから…」 (フラウ) 「結婚しなさい、そうすれば」.

  • クワトロ「ジオンの寄せ集めで作ったコロニーだとは言うが、ティターンズの秘密基地という話だ。全く応答なし?まぁ、平和なときはこんなものか」 クワトロ「やってみるさ!」 クワトロ「えぇい。酸素がなくなる前に見つけてもらうんだな」 コロニー管理員A「おい、23のエアロック開いたけど、誰が出てんだ?」 コロニー管理員B「コロニー公社の若造が研修だってよ」 コロニー管理員A「グリーンノア2でか? 」 コロニー管理員B「グリプスって言えよ、大佐に怒られるぜ」 コロニー管理員A「は、気取っちゃってさ! 」 クワトロ「4回もうまくいくとは限らんか…。臭いな、何だ!?」.
  • ガンダム史を代表する3人の戦士達が、己を誇示しあい互いをディスりあう、Z最大の名場面。   ハマーンの「ばっばか、このままだと本当に敵になっちゃうじゃない!お、お願いだから言うこと聞きなさいよ!」   とでも言わんばかりな、隠れツンデレっぷりが微笑ましい。    「それは違う!」 (カミーユ) 「カミーユ!」「カミーユか…?」 (シャア) 「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を惹かれた人間達だろ!.
  • ズバズバ突っ込むフラウ。主婦になって多少強くなったのか。   もはや笑ってごまかすしかないアムロの情けなっぷりが虫っぽくて実にグー 「貴男は、ここの生活がなくなるのが怖くって、軍のいいなりになってるんでしょ?」 (カツ) 「ここの生活は地獄だよ…」 (アムロ)   生ける屍と化したアムロに向かって、リストラ直前にもかかわらず必死に会社にしがみついてる   ダニ親父に言うような物言いをブチかますカツ。ひどい、ひどすぎる。 「僕は一年戦争で充分に戦ったよ、カツ君」 (アムロ) 「でも、貴男はまだ若いんですよ?」 (カツ) 「ニュータイプは危険分子として、僕はここに閉じ込められているんだ」.
  • だから貴男のこと、全部好きになれないの! 」.

zガンダム クワトロ セリフ                  …                   ….          ….       エグザイルあつし新曲    …  ? ティソン 意味.   . ……      …    … ….  1 .            ….

機動戦士Zガンダム [ゼータ]の感想

みえないかたち   シロッコ操るジ・オの圧倒的パワーの前にやや圧され気味なカミーユ。   「賢くて悪いか!」って返しのあまりのひねらなさっぷりから見るに、   もういっぱいいっぱいと思われ。    「これであの武器は使えまい、ハマーン!」 (シャア) 「甘いな、シャア!」 (ハマーン) 「 (ファンネルの攻撃をピンポイントで受けて) なに!?」.

の開発は本当だったんだな」 アポリー「大尉と接触してくれ」 ロベルト「よし」 マトッシュ「エゥーゴを知らないだと!?ハイスクールの学生が、知らないわけがないだろ!チッ!ホモアビス大会は、2年連続優勝?それに、今年のジュニアモビルスーツ大会でも優勝…。立派なもんだ。すでに実戦で使えるほどの成績がある。エゥーゴの分子でないものが何で、何でティターンズのメンバーに喧嘩を吹っかけるんだ!?え?おかしいじゃないか!?エゥーゴというのが宇宙に住む人間達の独立自治権を求める運動だというが、そりゃ嘘っぱちなんだ!ジオンの真似をして、地球に住む人々を非難しているだけのくだらない連中だ!全く!いつまでも強情を張っているがいい!」 カミーユ「はぁぁ…。 ハッ!気のせいだ。疲れているんだ」 ティターンズ事務官「釈放だ、カミーユ・ビダン君。カミーユ君、スポーツマンはもっとハキハキしなくちゃな。いい声が出ないと勝負には勝てんよ。さ、手を出して。君が身分不詳のスペースノイドなら4~5日は彼に可愛がられるところだ」 カミーユ「そうなんですか?スペースノイドって…」 マトッシュ「釈放が決まればしゃべるのか?現金なやつだ」 カミーユ「怖いんです、怒鳴る人は」 マトッシュ「てめぇ!」 ティターンズ事務官「マトッシュ!」 カミーユ「でえぇぇい!」 ティターンズ事務官「公務執行妨害で逮捕するぞ!」 カミーユ「煽ったのはそちらでしょ?」 幸せですか 義務ですよ カミーユ「離せ!」 マトッシュ「もう返さん!」 カミーユ「うぅ!」 マトッシュ「ふん!」 カミーユ「うぅ!」 マトッシュ「うわぁぁ!」 カミーユ「うぅ」 MP「何があったんだ!?おい、管制室、どうしたんだ?Mk-?

その人が地球圏に戻りエウーゴに手を貸す… 分かる話です」 「…仮に私がシャアだとしたら、君は何を言いたいんだ?」.

イケメン系女子 髪型 …….       ……                     ?

  • パズドラ ユウナパーティ
  • 泣ける ホラーゲーム
  • 七つの大罪ギーラ
  • 赤司性十郎